タグ: 昭和シェル石油

出光昭和シェル,統合記念キャンペーンを実施中

出光興産と昭和シェル石油は,2019年4月1日に経営統合をし,「出光昭和シェル」(トレードネーム)が発足した。2019年4月1日~6月30日まで,「はじめまして。統合記念キャンペーン」を全国の出光サービスステーションおよび昭和シェルサービスステーション(SS)で実施している。

続きを読む

経済産業省,「健康経営優良法人2019~ホワイト500~」を認定

経済産業省は,次世代ヘルスケア産業協議会健康投資ワーキンググループにおいて,「健康経営優良法人認定制度」を行っている。同制度は,地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みのもとに,特に優良な健康経営を実践している企業等の法人を顕彰するもの。

続きを読む

出光興産と昭和シェル石油,2019年4月に経営統合することを発表

石油元売大手の出光興産と昭和シェル石油は2018年7月10日(火),2019年4月に経営統合することで合意したことを発表した。出光株の約28%を保有する出光創業家側が反対していたが,新会社の取締役を指名できるなどの条件で統合に合意した。2019年4月1日付で出光興産が株式交換により昭和シェル石油を完全子会社とする。

続きを読む

経済産業省,「健康経営優良法人2018~ホワイト500~」に出光興産,昭和シェル石油などを認定

経済産業省は,次世代ヘルスケア産業協議会健康投資ワーキンググループにおいて,「健康経営優良法人認定制度」を行っている。同制度は,地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みのもとに,特に優良な健康経営を実践している企業等の法人を顕彰するもの。健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで,従業員や求職者,関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え,戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目的としている。

続きを読む

昭和シェル石油と出光興産,協働事業(ブライターエナジーアライアンス)の進捗を発表

昭和シェル石油と出光興産は,2017年5月9日(火)付で趣意書を締結した協働事業(ブライターエナジーアライアンス)の進捗状況として,具体的成果と今後の取組みについて発表した。両社は,締結後,両社の企業価値をさらに向上すべく,主に重複する各事業分野(原油船舶,精製,需給,物流,販売,コーポレート部門)においてシナジー効果実現に向けた方策の検討を精力的に行ってきた。

続きを読む

昭和シェル石油,シェルルブリカンツジャパンの体制を発表

昭和シェル石油は2017年10月2日(月),同年11月1日(水)より発足する同社100%出資会社であるシェルルブリカンツジャパンの体制を発表した。代表取締役会長に阿部 真 氏(現・常務執行役員),代表取締役社長に添谷 友常 氏(現・技術商品部長),取締役副社長(技術研究所長兼務)に長富 悦史 氏(現・理事中央研究所長),取締役(供給部長兼務)に笹岡 茂 氏(現・技術商品部副部長兼サプライチェーンマネジャー)が就任する。

続きを読む
ロード中
  • 潤滑剤・化学品
  • 潤滑関連機器
  • 測定・分析
  • 自動車・輸送
  • 機械・金属
  • エネルギー
  • IoT・AI
  • 環境
  • その他

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

アーカイブ