タグ: アジレント・テクノロジー

アジレントとメトラー・トレド,計量結果と関連メタデータをシームレスに送信できるソリューションの認知度向上で協力

アジレント・テクノロジーとメトラー・トレドは,METTLER TOLEDO LabX(TM) BalanceソフトウェアからAgilent OpenLabソフトウェアに,計量結果と関連メタデータを自動でシームレスに送信できる統合型ソリューションについて,協力して認知度向上に向けた活動を行っていくことを発表した。

続きを読む

アジレント,トリプル四重極LC/MSおよび四重極飛行時間型LC/MSソリューションを発表

アジレント・テクノロジーは,2つの新しい液体クロマトグラフィー質量分析システム (LC/MS),Agilent 6495 トリプル四重極LC/MSシステム(液体クロマトグラフ質量分析システム)とAgilent Revident Q-TOF(四重極飛行時間型)LC/MSシステムを発表した。

続きを読む

アジレント・テクノロジー,Cobalt Light Systems社製ラマン分光分析装置の日本での取り扱いについて決定

アジレント・テクノロジーは,米アジレント・テクノロジーズ・インクが買収した英Cobalt Light Systems社のラマン分光分析装置の日本での取り扱いについて決定した。日本国内においては,以下の販売店が販売およびサポートを継続する。

続きを読む

アジレント・テクノロジー,超臨界流体クロマトグラフィ分析装置を発売

アジレント・テクノロジーは,超臨界流体クロマトグラフィ(SFC)「Agilent 1260 Infinity II SFC」を発売した。
 SFCは,移動相に超臨界流体を用いるクロマトグラフィで,高速液体クロマトグラフィ(HPLC)に比べ,高速分析・環境にやさしい・異なる選択性などの特長を有しており,近年,製薬,化学・材料,食品・飲料業界などを中心に採用例が増加している。

続きを読む

東ソーとアジレント,汎用HPLC装置の取引基本契約締結で基本合意

東ソーとアジレント・テクノロジーは,液体クロマトグラフィー(HPLC)用分析装置(Agilent 1120 Compact LC)につき,取引基本契約を締結することで基本合意した。これにより東ソーは,東ソーおよびアジレント両社のブランドを冠してAgilent 1120 Compact LCを販売していく。

続きを読む
読み込み中

全て

トップレート
  • 潤滑剤・化学品
  • 潤滑関連機器
  • 測定・分析
  • 自動車・輸送
  • 機械・金属
  • エネルギー
  • IoT・AI
  • 環境
  • その他

「第3回 潤滑通信社 | 技術オフィス・村上 共催セミナー,2024 ―ざわつくEV一辺倒とその周辺―」6/24に開催

2024年6月24日(月),エッサム神田ホール(東京都千代田区)およびオンライン(Microsoft Teams)によるハイブリッド形式にて「第3回 潤滑通信社 | 技術オフィス・村上 共催セミナー,2024 ―ざわつくEV一辺倒とその周辺―」(主催:潤滑通信社,技術オフィス・村上)が開催される。

キャタピラー,「第6回キャタピラーSTEM賞」一般および学生部門受賞者を発表

キャタピラージャパンは,2018年に関西地域の女性エンジニアの育成・支援をする「キャタピラーSTEM賞」を創設,2019年度に学生部門を設立しているが,第6回目となる2023年度も,日本・世界の持続的な発展に向けた未来志向のアイディア・プロジェクトという観点から,審査委員による厳正なる審査を行い,以下の受賞者が決定した。

アーカイブ