2019年8月28日

日本産業洗浄協議会,2019産業洗浄優秀新製品賞を発表

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
 2019年8月20日,日本産業洗浄協議会(産洗協:Japan Industrial Conference on Cleaning)は,2019産業洗浄優秀新製品賞の受賞商品および受賞企業を発表した。産業洗浄優秀新製品賞は,工業洗浄にかかわる地球環境保護および技術振興を図り,日本の産業の発展に寄与することを目的に2015年に設けられ,2019年度で5回めとなる。

 2019年度の受賞商品および受賞企業は以下のとおり。

  • ファインゾル Wシリーズ 三協化学
  • Perkem PCAシリーズ パーカーコーポレーション
  • 油分測定器 MAS-10U 森合精機
  • 新型熱処理前洗浄機 新BIOVA クリンビー

 なお,同賞の授賞式は,9月4日(水)~6日(金)にパシフィコ横浜にて実施される「2019洗浄総合展」の「第6回JICC産業洗浄 洗浄ビジネスセミナー」会場にて行われる。さらに,各商品の詳細等については,産洗協が発行する技術情報誌『産業洗浄』第24号にて掲載される予定。(’19 8/28)

Related Posts

出光興産,2021年度決算および2022年度業績見通しを発表

出光興産は2022年5月10日(火),2021年度の決算を発表し,売上高は6兆6,868億円(前年度比2兆1,301億円増),営業利益(持分法投資損益含む)は4,495億円(同3,492億円増),経常利益は4,593億円(同3,509億円増),当期純利益は2,795億円(同2,446億円増)となり,在庫影響やタイムラグなどにより過去最高益となった。

Share This