2019年12月18日

アジレント・テクノロジー,装置インテリジェンスを組み込んだ新ICP-OESを発表

アーステック
共催セミナー
アジレント・テクノロジーは,環境,食品,エネルギー,化学,マテリアル市場のラボに最適な新世代のICP発光分光分析装置(ICP-OES)「Agilent 5800 ICP-OES / 5900 ICP-OES」を発表した。

同製品のシステムは,新しいスマート機能を搭載しており,サンプル前処理から機器の状態まで分析結果の信頼性を高める。また,装置がさらにインテリジェントになることで,ラボでは予定外のダウンタイム発生を防止し,サンプル再分析の必要性を低減する,先を見越したアプローチをとることが可能となる。(’19 12/18)

Related Posts

2024年2月の機械受注統計

2024年2月の機械受注統計

内閣府が発表した2024年2月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比7.7%増の8,868億円だった。

Share This