2019年12月18日

アジレント・テクノロジー,装置インテリジェンスを組み込んだ新ICP-OESを発表

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
アジレント・テクノロジーは,環境,食品,エネルギー,化学,マテリアル市場のラボに最適な新世代のICP発光分光分析装置(ICP-OES)「Agilent 5800 ICP-OES / 5900 ICP-OES」を発表した。

同製品のシステムは,新しいスマート機能を搭載しており,サンプル前処理から機器の状態まで分析結果の信頼性を高める。また,装置がさらにインテリジェントになることで,ラボでは予定外のダウンタイム発生を防止し,サンプル再分析の必要性を低減する,先を見越したアプローチをとることが可能となる。(’19 12/18)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This