タグ: 日立製作所

日立製作所,IoT機器の脅威・脆弱性情報を収集・分析するサービスをAIで強化し販売

日立製作所は,IoT機器などの製品セキュリティにおける脅威・脆弱性情報を収集・分析する「脅威インテリジェンス提供サービス」をAIで機能強化し,2021年4月1日から販売を開始すると発表した。同サービスは,過去のサイバー攻撃事例における業界特有の攻撃パターンや影響などを学習させたAIモデルにより,収集した情報に含まれるセキュリティ要素や業界固有の要素をAIで抽出し,顧客の製品や業界に関わる情報のみを自動的に選別するとともに,サイバー攻撃の脅威に対するリスク評価や影響を分析したレポートを迅速に提供する。

続きを読む

日立製作所,「Hitachi Social Innovation Forum 2017 TOKYO」が開催される

日立製作所は「社会の未来を変えるアイデアがここに」をテーマに2017年11月1~2日,東京・有楽町の東京国際フォーラムで,「Hitachi Social Innovation Forum 2017 TOKYO」を開催した。同フォーラムは,デジタル技術を活用した社会イノベーション事業における,現在から未来へ向けた具体的な取り組みを展望する日立グループ世界最大規模のイベントで,今回19回目を迎える。

続きを読む

オークマと日立製作所,IoT活用による高効率生産システムの構築で協業

オークマと日立製作所は,IoTを活用し,マスカスタマイゼーションに対応した高効率生産の先進モデル確立に向けた協業を開始し,生産の見える化・最適化技術の共同実証をスタートした。オークマの新工場「Dream Site2(DS2)」(愛知県丹羽郡)において実証モデルを立ち上げ,生産性2倍,生産リードタイム半減を目指す。
 両社は,「生産の見える化の進化」と「工場制御周期の高速化」をテーマに,DS2でマスカスタマイゼーションに対応する高効率生産の実証モデルを構築する。

続きを読む
ロード中
  • 潤滑剤・化学品
  • 潤滑関連機器
  • 測定・分析
  • 自動車・輸送
  • 機械・金属
  • エネルギー
  • IoT・AI
  • 環境
  • その他

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

アーカイブ