2023年1月18日

アマダグループ,髙橋金属と「MF技術大賞」を共同受賞,大貫工業所と「MF技術優秀賞」を共同受賞

アーステック

アマダとアマダプレスシステム,髙橋金属は,「MF技術大賞 2022-2023」(日本鍛圧機械工業会主催)において,最高賞である「MF技術大賞」を受賞した。また,同時にアマダとアマダプレスシステム,大貫工業所は「MF技術優秀賞」を受賞した。

「MF技術大賞」を受賞した髙橋金属の「プレス金型内ねじ転造によるプラグネジの製造」は,自動車用ステアリングコラムのピニオンギア用位置決めプラグネジとなる製品加工技術。高剛性ナックルリンクプレス「PDL-400」と NC レベラフィーダ「LCC06HLS」を用いた板鍛造により,1台のプレスマシンの同一金型内で素材成形からねじ転造までの製造システムを構築し,一貫加工を実現した。これにより,生産性2倍,製造原価の低減,生産リードタイム1/6以下,さらに工程の仕掛りレスを図ることができ,また,環境負荷の高い熱処理,ボンデ処理(化成被膜処理)や切削加工等の後処理が不要なことと,潤滑油のリサイクル技術など,地球環境にも貢献している点が評価され,受賞につながった。

「MF技術優秀賞」を受賞した大貫工業所の「精密深絞りプレス加工複合化部品」は,次世代の自動車や産業用ロボット等の精密電磁バルブ用高耐食性,高信頼性ハウジングの製品加工技術。製品の中間熱処理が不要な精密金型の開発・製作から,デジタル電動サーボプレス「SDE1522 (SF)」による難加工材オーステナイト系ステンレス材の1段深絞りプレス加工と,その加工品のレーザバリ取り,ファイバーレーザ溶接機「ML-6810C」(アマダウエルドテック製)による溶接をワンライン化して生産性の向上を図っている点が評価された。さらに,中間熱処理を不要としたことでの消費電力削減や,従来の5段絞りから1段絞りが可能となったことで,4台の金型が不要となるなどレアメタルなどの省資源化にも貢献している点も評価され,受賞となった。

MF技術大賞は,鍛圧塑性加工技術の発展に寄与することを目指して,Metal Forming(MF)に不可欠な鍛圧機械,製品加工,金型,システム,素材,製品組立,研究の7つの項目について評価し,「ものづくり総合力」を顕彰する賞。アマダグループの「MF技術大賞」の大賞受賞は,2010-2011,2012-2013,2014-2015,2018-2019,2020-2021に続いて6回目となった。(’23 1/18)

Related Posts

日本機械学会,2024年度「機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格」をオンラインで開催

日本機械学会は,講習会「グローバル技術者必須!! 機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格(初心者向け,初中級者向け)」を,2024年5月24日(金)(初心者向け),7月5日(金)(初中級向け)にZoomウェビナーを使用したオンラインで開催する。

Share This