2023年2月22日

ランクセス,仏エンジ―と再生可能エネルギー由来のグリーン電力供給契約を締結

アーステック

ドイツの特殊化学品メーカー,ランクセスは,フランスのエネルギー企業大手のエンジ―と,ドイツとベルギーの拠点向けに,合計1,400ギガワット時(GWh)分の電力の全量供給契約を締結したことを発表した。供給される電力の50%以上は,風力及び太陽光発電による再生可能エネルギー由来のグリーン電力で,原産地証明付きの企業向け電力購入契約(PPA)に基づき供給される。なお,今回の契約期間は,2023年1月から2025年末までとなる。

今回のPPA向けに使用される電力は,ドイツ国内にある17ヵ所の風力発電所と4ヵ所の太陽光発電所から供給される予定で,異なるグリーン電力技術と立地を組み合わせることで,再生可能エネルギーによる発電を,同社の電力消費状況に最適化して供給することができる。例えば,パートナー企業の要望に応え,供給される電力全体の50%を再生可能エネルギーに切り替えるなどの対応が可能となる。この結果,同社の二酸化炭素排出量は,年間3万3,000t削減される。電力は,ドイツ,ベルギーの同社拠点計7ヵ所に供給される。(’23 2/22)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This