2023年8月9日

出光興産,無灰型ディーゼルエンジン油の開発で第22回GSC賞「奨励賞」を受賞

アーステック

出光興産は,「金属分を含まない無灰型ディーゼルエンジン油『idemitsu AshFree』の開発」で,新化学技術推進協会の第22回グリーン・サステイナブルケミストリー賞「奨励賞」を受賞した。

同賞は,「人と環境にやさしく,持続可能な社会の発展を支える化学」を定義とする,グリーン・サステイナブル ケミストリー(以下,GSC)の推進に貢献する優れた業績を挙げた個人,団体を表彰するもの。GSC推進への貢献が将来期待できる業績に贈られる賞である「奨励賞」を同社4名の社員が受賞した。

ディーゼル車には,環境負荷低減を目的に排ガス中の微粒子物質を捕捉するための排ガス浄化処理装置DPFが搭載されているが,走行距離が増えるにつれ,排ガス中に存在するエンジン油添加剤(清浄/耐摩耗剤)由来の灰がDPFの目詰まりを引き起こし,トラブルの原因となっている。同社の研究員は,灰の発生要因である金属系の清浄剤や耐摩耗剤を使用しない,独自の添加剤処方技術の開発に成功,2022年9月に同製品を発売した。同製品はDPFを搭載するトラックやバス向けの日本製ディーゼルエンジンとDPF適合性能の規格である「JASO DH-2」相当の性能を有している。DPFの目詰まりの要因となる灰を出さないため,DPFの寿命延長によるメンテナンス費用の削減やDPF再生時間短縮による労務時間および燃料使用量の削減を実現する。

  1. 受賞テーマ
    金属分を含まない無灰型ディーゼルエンジン油「idemitsu AshFree」の開発

  2. 受賞者(4 名)
    清水 保典 氏,甲嶋 宏明 氏,葛西 杜継 氏,藤浪 行敏 氏  (’23 8/9)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This