タグ: 日本機械工業連合会

2020年度の機械工業生産額(改訂)見通し

日本機械工業連合会がまとめた2020度の機械工業生産額見通しは,当初見通しの前年度同期比10.4%減の65兆3,703億5,100万円から下方修正して,同13.1%減の63兆2,441億100万円と見込んでいる。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により,特に需要面で大きな影響が出ており,リーマンショック以来の厳しい状況になると見込まれる。

続きを読む

2020年度の機械工業生産額見通し

日本機械工業連合会がまとめた2020度の機械工業生産額見通しは,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により,需要・供給両面で大きな影響が出ており,前年度同期比10.4%減の65兆3,703億5,100万円と見込んでいる。

続きを読む

2018年度の機械工業生産額見通し

日本機械工業連合会がまとめた2018年度の機械工業生産額見通しは,2017年に引き続き人手不足に伴う根強い省力化・自動化のニーズ,オリンピック開催に向けた交通・物流等の社会インフラ整備などによる需要により,前年度同期比2.9%増の77兆3,120億9,100万円と見込んでいる。

続きを読む

2017年度の機械工業生産額見通し

日本機械工業連合会がまとめた2017年度の機械工業生産額見通しは,人手不足に伴う根強い省力化・自動化のニーズ,オリンピック開催に向けた交通・物流等の社会インフラ整備などによる需要により,前年度同期比5.5%増の74兆5,939億4,200万円と見込んでいる。

続きを読む
ロード中

すべて

トップレート

2021年7月の機械受注統計

内閣府が発表した2021年7月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比0.9%増の8,597億円だった。

  • 潤滑剤・化学品
  • 潤滑関連機器
  • 測定・分析
  • 自動車・輸送
  • 機械・金属
  • エネルギー
  • IoT・AI
  • 環境
  • その他

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

アーカイブ