タグ: デュポン

ダウとデュポン,対等経営統合計画に関する情報を発表

ザ・ダウ・ケミカル・カンパニーとデュポンは,計画中の対等経営統合計画について,最新情報を発表した。両社の取締役会は統合計画を支持しており,統合後に計画されている3社への分割に備えて,重要な価値創出の機会を捉える最新の事業環境を反映すると同時に,この1年半の間に得られた知見を生かすため,両社のポートフォリオを総合的に再検証する。

続きを読む

デュポンとダウ・ケミカル,合併を発表

デュポンとダウ・ケミカルは,2015年12月14日(月),両社の取締役会の全会一致で対等合併に合意したと発表した。新会社名は「ダウ・デュポン」となる。合併発表時点の時価総額は約1,300億ドル。統合後,事業分割により,農業関連会社・素材科学会社・特殊化学品会社の3つの独立した上場企業を設立する計画。

続きを読む

化学大手デュポンの100%子会社ケマーズ,独立

化学大手デュポンの100%子会社で,テフロン(TM)やクライトックス(TM)などのフロロ製品を取り扱うケマーズは,2015年7月1日,デュポンから完全に独立した。2015年3月1日から,フロロ製品事業部,チタニウムテクノロジー事業部,特殊化学品事業部を含む高機能化学品事業部は,デュポンから分社化され,100%子会社ケマーズとして業務を開始していた

続きを読む
読み込み中

全て

トップレート

昭和シェル石油,潤滑油事業分社化に向けた準備会社「シェルルブリカンツジャパン」を設立

昭和シェル石油は2017年5月12日(金),潤滑油事業の分社化に向けた準備会社「シェルルブリカンツジャパン」を設立したことを発表した。同社は,ロイヤル・ダッチ・シェルとの協働体制を維持するため,2016年6月に,同社が営む潤滑油事業に関して有する権利義務の一部を,同社が設立する100%出資会社に対して承継させる吸収分割を行う方針を公表していた。

  • 潤滑剤・化学品
  • 潤滑関連機器
  • 測定・分析
  • 自動車・輸送
  • 機械・金属
  • エネルギー
  • IoT・AI
  • 環境
  • その他

トライボコーティング技術研究会,岩木賞贈呈式とシンポジウムが開催される

トライボコーティング技術研究会(会長:大森 整 氏,理化学研究所)は,2024年2月22日(金)に,理化学研究所 和光研究所 鈴木梅太郎記念ホール(埼玉県和光市)およびオンラインによるハイブリッドにて,第26回シンポジウム「トライボコーティングの現状と将来―高耐久皮膜コーティング,プラズマ応用研磨技術,SDGs対応砥石・加工技術―」,第16回岩木トライボコーティングネットワークアワード(岩木賞)の贈呈式と受賞者による記念講演を開催した。

日本機械学会,2024年度「機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格」をオンラインで開催

日本機械学会は,講習会「グローバル技術者必須!! 機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格(初心者向け,初中級者向け)」を,2024年5月24日(金)(初心者向け),7月5日(金)(初中級向け)にZoomウェビナーを使用したオンラインで開催する。

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

「2024 GOOD FACTORY賞」表彰式と受賞記念講演会が開催される

日本能率協会は,2024年の「GOOD FACTORY賞」9社を決定し,2024年3月7日に東京ミッドタウン(東京都港区)にて表彰式(写真)を行い,同日および翌8日に受賞記念講演会をベルサール六本木グランドコンファレンスセンター(東京都港区)にて開催した。

アーカイブ