2022年12月14日

トライボコーティング技術研究会,第25回「トライボコーティングの現状と将来」シンポジウムを2023年2月24日に開催

アーステック
トライボコーティング技術研究会は,2023年2月24日(金)に理化学研究所和光研究所 鈴木梅太郎記念ホール(埼玉県和光市)にて第25回シンポジウム「トライボコーティングの現状と将来―ナノ多孔高分子フィルム,先進コーティング,高機能3Dプリンタ,中性子イメージング―」を開催し,2022年度(第15回)岩木トライボコーティングネットワークアワード(岩木賞)の贈呈式と,受賞者による記念講演を行う。

岩木賞は,表面改質,トライボコーティング分野で多大な業績を上げられた故 岩木 正哉 博士(理化学研究所元主任研究員,トライボコーティング技術研究会前会長)の偉業をたたえ,当該技術分野およびその関連分野において日々努力・研鑽する個人,法人,団体の業績を表彰するもの。今回のシンポジウムでは,武野 明義 氏(岐阜大学)による「クレージング現象を利用したナノ多孔高分子フィルムおよび繊維の開発」(岩木賞大賞),岡本 浩一 氏(新明和工業)による「ダイヤモンド成膜工具の刃先先鋭化装置の開発」(岩木賞事業賞),小池 稜 氏(慶應義塾大学)による「高重力場を援用した高機能3Dプリンタの開発」(岩木賞奨励賞)の記念講演ほか,法人会員等によるトライボコーティング関連技術の最新情報の提供が行われる。

同シンポジウムの概要や,申し込みなど問合せ先は以下のとおり。

  • 日時:2023年2月24日(金) 10:00~17:20(交流会18:00~20:00(予定))
  • 会場:理化学研究所 和光研究所 鈴木梅太郎記念ホール(埼玉県和光市)
  • 主催:トライボコーティング技術研究会 理化学研究所 大森素形材工学研究室
  • 定員:65名(定員になり次第締切)
  • 参加費※:シンポジウム6,000円/人,交流会4,000円/人,WEB参加(ZOOM配信)500円/人
    ※会場参加の場合は当日受付支払い,WEB参加の場合は事前振込
  • 申込締切:2023年2月10日(金)
  • 参加申込URL:http://tribo23n.symposia.work/
  • 問合せ先:理化学研究所 大森素形材工学研究室 内
    トライボコーティング技術研究会 シンポジウム事務局
    TEL:03-5918-7613 FAX:03-5918-7624
    E-mail:tribo@tribocoati.st
    URL http://www.tribocoati.st  (’22 12/14)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This