2023年3月8日

トライボコーティング技術研究会,岩木賞贈呈式とシンポジウムが開催される

アーステック
トライボコーティング技術研究会(会長:大森 整 氏,理化学研究所)は,2023年2月24日(金)に,理化学研究所 和光研究所 鈴木梅太郎記念ホール(埼玉県和光市)およびオンラインによるハイブリッドにて,第25回シンポジウム「トライボコーティングの現状と将来―ナノ多孔高分子フィルム,先進コーティング,高機能3Dプリンタ,中性子イメージング―」,第15回岩木トライボコーティングネットワークアワード(岩木賞)の贈呈式と受賞者による記念講演を開催した。

岩木賞は,表面改質,トライボコーティング分野で多大な業績をあげられた故 岩木 正哉 博士の偉業をたたえ,当該技術分野およびその関連分野において日々努力・研鑽する個人,法人,団体の業績を表彰するもの。当日は,大森 会長による挨拶の後,第15回岩木賞を受賞した3件(大賞,事業賞,奨励賞)に対して,賞状,盾が授与された(写真)ほか,受賞者による記念講演3件と会員企業による講演3件が行われた。講演内容は以下のとおり。

  • 記念講演1(岩木賞 大賞)
    「クレージング現象を利用したナノ多孔高分子フィルムおよび繊維の開発」 武野 明義 氏(岐阜大学)
  • 記念講演2(岩木賞 事業賞)
    「ダイヤモンド成膜工具の刃先先鋭化装置の開発」 岡本 浩一 氏(新明和工業)
  • 記念講演3(岩木賞 奨励賞)
    「高重力場を援用した高機能3Dプリンタの開発」 小池 綾 氏(慶應義塾大学)
  • 会員講演1
    「DLCコーティング技術とアルミ切削工具への応用展開」 小磯 裕太 氏(日本電子工業)
  • 会員講演2
    「無機-有機ハイブリッドコーティングの設計と応用」 佐熊 範和 氏(東京都立産業技術研究センター)
  • 会員講演3
    「新たに発見された離散ラドン逆変換厳密解に基づくCT画像再構成」 高梨 宇宙 氏(理化学研究所)  (’23 3/8)

Related Posts

日本機械学会,2024年度「機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格」をオンラインで開催

日本機械学会は,講習会「グローバル技術者必須!! 機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格(初心者向け,初中級者向け)」を,2024年5月24日(金)(初心者向け),7月5日(金)(初中級向け)にZoomウェビナーを使用したオンラインで開催する。

Share This