2021年3月24日

島津製作所,東京大学など,NEDOの事業成果を集約したプラットフォームを構築

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が2016年度から2020年度まで実施中のプロジェクト「高輝度・高効率次世代レーザー技術開発」で開発された最先端のレーザー光源や加工機を集約し,東京大学,産業技術総合研究所,三菱電機,スペクトロニクス,大阪大学,浜松ホトニクス,パナソニック,パナソニック スマートファクトリーソリューションズ,金門光波,千葉工業大学,レーザー技術総合研究所,ギガフォトン,島津製作所は,各装置が持つ加工品質の計測・評価技術やデータベースといった共通基盤技術を組み合わせることで,レーザー加工の課題解決に寄与するプラットフォーム「柏 IIプラットフォーム」を構築した。加工ユーザーは同プロジェクトで開発された最先端のレーザー光源やレーザー加工機を容易に利用できるほか,集約されたレーザー技術と共通基盤技術,データベースの効果や適用可能性などを検証することが可能となった。

NEDOと13法人は今後,レーザー加工に関する産学官協創のために東京大学が設立した「TACMIコンソーシアム」と連携し,さまざまな材質,用途での加工事例を蓄積していくことで,同プラットフォームの機能向上に取り組む予定。これにより各種装置の特性とユーザーニーズの効率的なマッチングや装置横断的な加工データ取得を実現し,効率的かつ迅速な最適加工条件の探索が可能なものづくりの実現を目指すとともに,日本の競争力強化に貢献していく。(’21 3/24)

Related Posts

Share This