2023年5月10日

ENEOS,省エネルギー型バイオマス潤滑油・グリース「ENEOS GXシリーズ」を販売開始

アーステック

ENEOSは,植物由来の原料を使用したカーボンニュートラル社会の実現に貢献する潤滑油・グリース商品「ENEOS GXシリーズ」を新たにシリーズ化し,2023年5月より省エネルギー型バイオマス油圧作動油「GXハイランド SE32」と省エネルギー型バイオマスグリース「GXグリース MP2」の販売を開始した。

同社では,昨年,サトウキビや大豆を原料とする植物由来のベースオイルを使用した潤滑油・グリースの開発に成功しており,原料調達や製造に関する検討が完了したことから,商品の販売を開始した。今回新たに販売を開始する商品は,炭素と水素のみで構成される植物由来のベースオイルを100%使用しており,商品ライフサイクルにおける原料調達から製品出荷までのCO₂排出量を従来の一般的な潤滑油対比で約87%,グリース対比で約58%削減している。GXはGreen Transformationの略で,植物由来(Green)の基材を使用した潤滑油・グリースを通してカーボンニュートラル社会への転換(Transformation)を図る意味合いが込められている。

同社では今後,市場のニーズに応じて,自動車用潤滑油や工業用潤滑油,グリースなど,「ENEOS GXシリーズ」のラインナップを拡充する計画だという。(’23 5/10)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This