2022年8月3日

ENEOS,「第57回ENEOS児童文化賞」および「第52回ENEOS音楽賞」の受賞者を決定

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ENEOSは,「第57回ENEOS児童文化賞」および「第52回ENEOS音楽賞」の受賞者を発表した。

同社は,1966年に児童文化賞,1971年に音楽賞を創設して以来,児童文化・音楽文化の発展に大きな業績をあげた個人または団体を表彰している。今年度も選考委員会による審議により,受賞者を決定した。

なお,受賞者には正賞としてトロフィー,副賞として賞金200万円が贈呈される。


<第57回ENEOS児童文化賞>
  • アフリカ子どもの本プロジェクト(NGO:代表・さくまゆみこ)
<第52回ENEOS音楽賞>
  • 邦楽部門  鶴澤 津賀寿(つるざわ つがじゅ) 女流義太夫三味線方
  • 洋楽部門(本賞)  野平 一郎(のだいら いちろう) 作曲家・ピアニスト・指揮者
  • 洋楽部門(奨励賞)  脇園 彩(わきぞの あや) メゾソプラノ  (’22 8/3)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This