2022年2月22日

ENEOS,石油製品の生産・供給体制を再構築

アーステック
共催セミナー

ENEOSは,和歌山製油所の精製・製造および物流機能について,2023年10月をめどに停止することを決定したと発表した。

国内石油製品の構造的な需要減退やアジアを中心とした国際競争の激化に加え,新型コロナウイルスによる急激な需要減少等,石油精製販売事業を取り巻く様々な環境を総合的に考慮した結果,製油所・製造所の生産・供給体制の再構築が急務と判断。今回,和歌山製油所の製油所機能の停止に至った。(’22 2/22)

Related Posts

「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」開催される

「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」開催される

大豊工業トライボロジー研究財団(TAIHO KOGYO TRIBOLOGY RESEACH FOUDATION:TTRF)と大豊工業は共催で「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」を2024年4月17日(水),名古屋国際会議場(名古屋市熱田区)で開催,トライボロジーに関連する大学・研究機関や自動車関連企業のエンジニア142名が参加した。

Share This