2021年10月27日

ENEOSホールディングス,子会社によるジャパン・リニューアブル・エナジーの株式取得を発表

アーステック
共催セミナー

ENEOSホールディングスは,同社子会社のENEOSが,2021年10月11日,ゴールドマン・サックス(以下,GS)のアセット・マネジメント部門が運用するインフラファンド及びシンガポール政府投資公社の関連会社が間接的に保有するジャパン・リニューアブル・エナジー(以下,JRE)の全株式取得を決定したことを発表した。なお,同件株式の取得により,JREは同社の子会社(孫会社)となる予定。

JREは,2012年8月のGSによる設立以降,電源開発から発電所の運転・メンテナンスまで一貫して行う,国内有数の再生可能エネルギー事業者。同社は太陽光,陸上風力およびバイオマスの再生可能エネルギー電源を多数保有しており,2021年9月時点で運転中の再生可能エネルギー発電容量は約37.9万kW,建設中のものを含めると約70.8万kWに達する。更に,洋上風力発電においても,風況観測や建設計画策定等の事業化検討に積極的に取り組んでいる。

JRE全株式取得後のENEOSの国内外における運転中・建設中の再生可能エネルギーの総発電容量は,約122万kW(2021年9月時点)となる。今後,ENEOSは,これまで培ってきたエネルギー事業者としての知見と,JREの事業開発能力を結集して,日本を代表する再生可能エネルギー事業者を目指す。(’21 10/27)

Related Posts

出光興産,EV・蓄電池の充放電と空調出力制御を連携したシステムを自治体・企業向けに提供開始

出光興産,EV・蓄電池の充放電と空調出力制御を連携したシステムを自治体・企業向けに提供開始

出光興産は,「idemitsu CN支援サービス」のソリューションの一つとして,CO₂削減・カーボンニュートラル(CN)実現に取り組む自治体・企業向けに,EV・蓄電池の充放電と空調出力制御を連携したエネルギーマネジメントシステム(EMS)の提供を開始した。

「第3回 潤滑通信社 | 技術オフィス・村上 共催セミナー,2024 ―ざわつくEV一辺倒とその周辺―」6/24に開催

「第3回 潤滑通信社 | 技術オフィス・村上 共催セミナー,2024 ―ざわつくEV一辺倒とその周辺―」6/24に開催

2024年6月24日(月),エッサム神田ホール(東京都千代田区)およびオンライン(Microsoft Teams)によるハイブリッド形式にて「第3回 潤滑通信社 | 技術オフィス・村上 共催セミナー,2024 ―ざわつくEV一辺倒とその周辺―」(主催:潤滑通信社,技術オフィス・村上)が開催される。

Share This