2021年9月8日

日本産業洗浄協議会,第5回洗浄技術検定が新方式でスタート

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

日本産業洗浄協議会(JICC)は,第5回洗浄技術検定の概要を発表した。2021年度はafter-コロナ,with-コロナに向けて,洗浄技術検定委員会のワーキンググループで検討を重ね,新方式で進めることとなった。

1級・2級試験は,希望する日時に,近くの試験会場を選んで受験できるCBT(Computer Based Testing)方式とした。申し込み・受験期間を2021年12月10日(月)~2022年1月31日(月)の間とし,希望する日時に,(株)オデッセイコミュニケーションズの提携試験会場を選んで,受験ができる。また,これまで東京会場で実施していた1級・2級の事前講習会に代えて,より要点をつかみやすいテキストを販売(2021年9月10日開始予定)するとともに,テキスト購入者からは専用メールで質問を受け付ける。

洗浄マイスター試験は,これまで同様,記述式となり,定員を10名に絞って日本産業洗浄協議会会議室で実施する。願書受付は,2021年8月24日(火)~10月29日(金),試験実施は2021年12月17日(金)となる。

詳細は以下のURLより。 http://www.jicc.org/kentei/  (’21 9/8)

Related Posts

出光興産,2021年度決算および2022年度業績見通しを発表

出光興産は2022年5月10日(火),2021年度の決算を発表し,売上高は6兆6,868億円(前年度比2兆1,301億円増),営業利益(持分法投資損益含む)は4,495億円(同3,492億円増),経常利益は4,593億円(同3,509億円増),当期純利益は2,795億円(同2,446億円増)となり,在庫影響やタイムラグなどにより過去最高益となった。

Share This