2021年9月8日

ENEOS,ネオエン社と日豪間CO₂フリー水素サプライチェーン構築に向けた協業検討を開始

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ENEOSは,豪州企業ネオエン社(正式名称:Neoen Australia Pty Ltd)と,日豪間のCO₂フリー水素サプライチェーン構築に向けた協業検討を実施することとし,両社で覚書を締結したことを発表した。

同社は,脱炭素に向けた本格的な水素の大量消費社会を見据えて,国内外でCO₂フリー水素サプライチェーン構築に取り組んでいる。海外においては,豪州や中東,アジアにおける広範囲なアライアンスを活かし,安価な水素の大量供給実現に向けた検証を行っている。

その一環として,風況・日照等の気候条件が良好かつ国土が広く,安価な水素製造のポテンシャルの高い豪州において,同国の再生可能エネルギーを活用し,再エネ電力由来の安価で安定的なCO₂フリー水素(グリーン水素)サプライチェーンを構築することに向け,現地企業との協業を検討する。

ネオエン社は,世界有数の再生可能エネルギー専門の発電事業者であり,豪州国内で保有する発電設備容量は建設中のものを含めると2GWを超える。風力発電と太陽光発電に蓄電池を組み合わせることで,天候の影響を受けやすい再エネ電力の供給安定化を図ることができる。

今回の協業検討は南オーストラリア州で実施し,両社は,安価で安定的な再エネ電力由来の水素の供給可能性について検証を進める。具体的には,ネオエン社は再エネ電力の安定供給および水素を製造する水電解槽について,ENEOSは水素の貯蔵・輸送形態の一つであるMCH(メチルシクロヘキサン)の効率的な製造および日本への海上輸送についての検討を行う。(’21 9/8)

Related Posts

出光興産,米カリフォルニア州で太陽光発電所プロジェクトの商業運転開始

出光興産,米カリフォルニア州で太陽光発電所プロジェクトの商業運転開始

出光興産の連結子会社であるIdemitsu Renewables America, Inc.は,米国内で手掛ける4ヵ所目のメガソーラープロジェクト(プロジェクト名:Luciana,所在地:カリフォルニア州トゥーレアリ郡,発電規模:7万3,000kWp(kWp:キロワットピーク。直流出力の最大電力))の商業運転を開始した。

Share This