2020年6月3日

イグス,衛生的・軽量な伸縮型レールの「ドライリンNT-60」を開発

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

イグスは,衛生的,軽量,洗浄可能な伸縮型レール「ドライリンNT-60」を開発した。スライド部には高性能樹脂イグリデュール材質を使用し,無潤滑・メンテナンスフリーで軽量かつ静音な動作を実現した。

同製品は,幅60mm,高さ24mm,長さは用途に合わせて最大2,000mmまで無段階で自由に拡張ができる。硬質アルマイト処理アルミニウム製レールおよび高性能樹脂イグリデュールJ製スライドパーツを採用。イグリデュール材質には固体潤滑剤が配合されており,静音かつスムーズな動作が可能なだけでなく,グリスが不要なためレールに汚れや埃が付着せずメンテナンスフリーで使用でき,長寿命を実現する。簡単かつスピーディに高圧・薬品洗浄できるため,医療現場や実験施設などでも使用できる。

また,同製品は優れた剛性を備え,ハンドル付近で最大180Nの静荷重に耐えられる。引き出しのように2本を水平に取り付けたり,個々に又は平行に取り付けたりすることも可能。耐食性も備えており,屋内・屋外両方の用途にも対応している。(’20 6/3)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This