2019年9月25日

「2019洗浄総合展」開催される

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

 2019年9月4日(水)~6日(金)の3日間,パシフィコ横浜(横浜市西区)にて「2019洗浄総合展」(主催:日本洗浄技能開発協会,日本産業洗浄協議会,日刊工業新聞社)が開催され,3日間合計で56,185名(同時開催展5展を含む)が来場した。

 同展は,日本唯一の産業洗浄に関する専門展示会。21回目の開催となる今回は,「SAMPE JAPAN 先端材料技術展2019」「VACUUM 2019真空展」「高精度・難加工技術展2019」「表面改質展2019」との同時開催で行われ,生産現場の洗浄から金属加工や自動車,電子・精密部品まで多様な業種に合わせ,機器・システム・薬剤など洗浄関連の最新製品・技術が一堂に展示された(写真1~3)。

 

写真1

写真3

写真2

 初日4日(水)に開催された「第6回JICC産業洗浄 洗浄ビジネスセミナー」では,2019産業洗浄優秀新製品賞を受賞した4社(クリンビー,三協化学,パーカーコーポレーション,森合精機)の授賞式(写真4)のほか,前野 純一 氏(荒川化学工業)による講演「環境規制に伴う洗浄剤の変遷と過去実績に学ぶ洗浄剤の選定」や,洗浄技術検定の最上級クラスである洗浄マイスターに合格した藤原 錠治 氏(ソルベックス)による体験談の発表などが行われた。

写真4

 また,5日(木)には,泉谷 渉 氏(日本電子デバイス産業協会 副会長)による特別講演「激動の時代を迎えた電子デバイス産業の未来構図~半導体,電子部品,自動車部品の設備投資を最新リポート~」のほか,多数のセミナーが催された。

 次回「2020洗浄総合展」は,2020年10月14日(水)~16日(金)の3日間,東京ビッグサイト 南ホール(東京都江東区)で開催される予定。(’19 9/25)

Related Posts

出光興産,2021年度決算および2022年度業績見通しを発表

出光興産は2022年5月10日(火),2021年度の決算を発表し,売上高は6兆6,868億円(前年度比2兆1,301億円増),営業利益(持分法投資損益含む)は4,495億円(同3,492億円増),経常利益は4,593億円(同3,509億円増),当期純利益は2,795億円(同2,446億円増)となり,在庫影響やタイムラグなどにより過去最高益となった。

Share This