2019年9月25日

JXTGエネルギー,横浜市の燃料電池バスへの水素供給事業者に決定

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

 JXTGエネルギーは,横浜市が公共交通の低炭素化を目指して導入する燃料電池バス(FCバス)への水素供給事業者に決定したと発表した。

 横浜市は,神奈川県で初めて市営バスとしてFCバス1台を試験導入し,2019年10月2日からみなとみらい地区等で運行する。燃料となる水素は,同社の横浜南水素ステーションにおいて充填する。同社は,同ステーションの充填機に燃料電池自動車(FCV)に加えてFCバスにも対応できる水素充填プログラムを導入することで,充填機1台で対応できる体制を整備する。(’19 9/25)

Related Posts

ENEOSほか5社,電動二輪車用共通仕様バッテリーのシェアリングサービスを提供する会社を設立

ENEOSほか5社,電動二輪車用共通仕様バッテリーのシェアリングサービスを提供する会社を設立

ENEOSホールディングス,本田技研工業(以下,Honda),カワサキモータース,スズキ,ヤマハ発動機の5社は,電動二輪車の共通仕様バッテリーのシェアリングサービス提供と,シェアリングサービスのためのインフラ整備を目的とする「株式会社Gachaco(ガチャコ)」を設立した。

Share This