2017年4月26日

JMA創立75周年経営革新提言発表会「KAIKA経営の実践に向けて」開催される

アーステック
共催セミナー

 日本能率協会(JMA)は,2017年4月17日(月),日経ホール(東京都千代田区)で,JMA創立75周年経営革新提言発表会「KAIKA経営の実践に向けて」を開催した。同協会では,「個の成長・組織の活性化・組織の社会性(広がり)」を同時に実現していくことを「KAIKA」と定義し,その取り組みを促進・支援している。
 当日は,安倍 晋三 内閣総理大臣による75周年の祝電ビデオメッセージのあと,中村 正己 日本能率協会会長が「提言発表KAIKA経営の実践」と題した講演で,75周年を迎えた協会の歴史とこれまでの提言内容を振り返り,KAIKA経営が求められる背景について説明した。また,KAIKA Awards受賞組織の事例について映像を交えて紹介し,経営者・組織のリーダー・組織の一人ひとり向けたKAIKA経営実践のための提言を発表した。
 発表会の後半に実施されたパネルディスカッションでは,山口 範雄 氏(味の素特別顧問),飯塚 まり 氏(同志社大学大学院ビジネス研究科教授),大久保 和孝 氏(新日本有限責任監査法人経営専務理事)らKAIKA Awardsの審査委員も務めているパネリストによる,KAIKAがもたらす価値についての活発な議論が行われた。
 最後に,KAIKAの推進に向けた協会の活動が紹介された。「社会とのつながり」,「価値を生み出す挑戦をし続けている経営」,「組織・人づくりを行っている取組み」を称えて紹介するための表彰制度「KAIKA Awards」のほか,次世代組織づくりや未開拓領域の開花のための研究と発信を行うコミュニティ活動である「KAIKA Lab.」,KAIKAの考え方とアプローチ方法を使った各組織による課題解決を日本能率協会が支援する「Action支援」,KAIKA Lab.の成果などを中心とした注目テーマごとの調査・研究内容などKAIKAに関する情報を,マガジン発刊・事例紹介・カンファレンス・シンポジウムを通して発信していく「レポート・情報発信」といった活動について紹介した。
 現在,同協会は「KAIKA」の意義を認め実践している組織を対象に「KAIKA Awards 2017」の募集を開始している。賞の種類は,KAIKA大賞・KAIKA賞・特別賞の3つで,募集期間は2017年5月31日(水)までとなっている。応募についての詳細は以下のURLより。
http://kaika-management.com/awards/awards/2017entry  (’17 4/26)

Related Posts

キャタピラー,「第6回キャタピラーSTEM賞」一般および学生部門受賞者を発表

キャタピラー,「第6回キャタピラーSTEM賞」一般および学生部門受賞者を発表

キャタピラージャパンは,2018年に関西地域の女性エンジニアの育成・支援をする「キャタピラーSTEM賞」を創設,2019年度に学生部門を設立しているが,第6回目となる2023年度も,日本・世界の持続的な発展に向けた未来志向のアイディア・プロジェクトという観点から,審査委員による厳正なる審査を行い,以下の受賞者が決定した。

「2024 GOOD FACTORY賞」表彰式と受賞記念講演会が開催される

「2024 GOOD FACTORY賞」表彰式と受賞記念講演会が開催される

日本能率協会は,2024年の「GOOD FACTORY賞」9社を決定し,2024年3月7日に東京ミッドタウン(東京都港区)にて表彰式(写真)を行い,同日および翌8日に受賞記念講演会をベルサール六本木グランドコンファレンスセンター(東京都港区)にて開催した。

NCネットワーク,工場検索システム「エミダスソーシングサービス」の新機能をリリース

NCネットワーク,工場検索システム「エミダスソーシングサービス」の新機能をリリース

日本とアジア約22,000社の会員を有し,製造業ビジネスマッチングプラットフォーム「エミダス」を運営するNCネットワークは,大手メーカーの試作開発パートナーや調達先探しに特化した工場検索システム「エミダスソーシングサービス」の新機能として,大手メーカーが探している案件を中小製造業に発信(リクエスト)し,案件に提案(応募)ができる「リクエスト機能」をリリースした。

Share This