2024年1月24日

アズビル,クラウド型監視システム「水道標準プラットフォーム対応Harmonas-DEO」を販売開始

アーステック
アズビルは,水道情報活用システム標準仕様に準拠した運転監視アプリケーション「水道標準プラットフォーム対応Harmonas-DEO」の販売を開始した。

水道標準プラットフォームは,経済産業省と厚生労働省が連携し,水道事業におけるCPS / IoTの活用を進める水道情報活用システムの中で,データの連携と共通仕様を促進するためのデータプラットフォーム(CPS:Cyber-Physical System。現実(フィジカル)の情報を仮想(サイバー)空間に取り込み,分析・知識化を行うシステム。現実世界とデジタル世界が連携し,自動化やリアルタイムの情報共有が可能になる)。

Harmonas-DEOは,1996年の販売開始以来,国内外の様々な市場において3,000システム以上の導入実績を誇る分散型制御システム(DCS)。今回販売開始した「水道標準プラットフォーム対応Harmonas-DEO」は,従来の自社サーバやネットワークを利用するオンプレミス型のHarmonasDEOと同等の運転監視機能および制御機能をクラウド環境で,水道標準プラットフォームに準拠したかたちでサービス提供する。これまで工場・プラント市場で培った監視制御のノウハウを基に水道事業者の品質管理と業務効率化を支援する。

販売開始に先駆けて実施した実証実験では,クラウド上に構築したシステムがオンプレミスの監視制御システムと同水準のパフォーマンスを発揮した。これにより,水道事業者はリアルタイムのデータ収集・監視を通じて,異常状況や問題箇所の早期発見と迅速な対応が可能となる。(’24 1/24)

Related Posts

日本機械学会,2024年度「機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格」をオンラインで開催

日本機械学会は,講習会「グローバル技術者必須!! 機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格(初心者向け,初中級者向け)」を,2024年5月24日(金)(初心者向け),7月5日(金)(初中級向け)にZoomウェビナーを使用したオンラインで開催する。

Share This