2024年1月24日

日精樹脂工業,積水化成品工業,ハイケム,ポリ乳酸(PLA)成形品分野で新技術開発

アーステック

日精樹脂工業,積水化成品工業,ハイケムの3社は,生分解性プラスチックであるポリ乳酸(以下,PLA)のインジェクション・ブロー・モールディング(以下,IBM)成形品分野で新技術を共同開発した。

積水化成品とハイケムは以前より戦略的基本提携契約に基づき生分解性材料の開発や拡販を相互に協力,推進してきたが,今回,射出成形機製造販売大手の日精樹脂との提携により,これまで製造が困難とされていたPLAのIBM技術を開発した。積水化成品の樹脂改質技術やリサイクル製品の開発力と,ハイケムの中国における生分解性材料の原料調達力や開拓力に,日精樹脂の射出成形機及び金型技術,インジェクション・ブロー成形技術を掛け合わせて協働することで,PLA分野での新たな需要開拓を行っていく。

3社は,2022年10月ドイツ・デュッセルドルフにて開催された,国際プラスチック・ゴム産業展 K2022において,日精樹脂展示ブース内でIBMによるボトル成形を実演した。実演したIBMとは,ボトル成形に多用されている専用のブロー成形機を使用するのではなく,汎用の射出成形機とIBM専用金型によって1工程でボトル製品の成形が可能な革新的な成形法で,そこに3社共同開発のブローグレードPLA材料を使用した。ボトルにはインモールドラベリングによってPLA製ラベルの装着も同時に行い,PLAオール100%の成形実演を実現している。(’24 1/24)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This