2024年1月24日

アマダ,「レーザ・溶接事業」の強化に向け,アマダウエルドテック社を吸収合併

アーステック

アマダは,中長期の経営計画の達成に向けた事業強化の一環として,2024年4月1日付でアマダウエルドテックを吸収合併する。

アマダウエルドテックは,世界に先駆けてレーザ溶接機の開発・販売を行うなど,長年にわたり微細溶接技術やアプリケーションのノウハウを培ってきた。そこにアマダの光操作技術,自動化やNC制御技術などを掛け合わせて,新たな付加価値を創造するとともに需要が高まる医療やe-Mobility,半導体といった分野にもレーザ・溶接技術で拡大を図る。

2023年10月のPhotonix(光・レーザー技術展)でも,両社の技術を結集したレーザ新商品を発表。さらなる拡充のため両社の事業・体制を統合し,開発・研究における迅速な新商品開発,製造・調達の効率化,販売チャネル・サービス手法の融合により,グループ内シナジーを最大限発揮して市場拡大を実現していく。(’24 1/24)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

Share This