2023年11月29日

ENEOS,HIF Globalと合成燃料の協業に関する覚書を締結

アーステック
共催セミナー

ENEOSは,合成燃料を製造する世界大手のHIF Globalと合成燃料の協業に関する覚書を締結し,日本におけるカーボンニュートラル燃料の普及促進を共同検討することを発表した。

同覚書のもと,HIF Globalは,同社が有する南米,米国,豪州の製造拠点から,ENEOSへ合成燃料を供給する。供給された合成燃料は,再生可能エネルギーを動力源とする電解槽を使用し,水を酸素と水素に分離して得られる水素を用いて製造される。このグリーン水素とカーボンリサイクルされたCO₂とを使用して製造される合成燃料は,現在使用されている燃料と化学的に同等であり,既存のエンジンでの使用が可能。HIF Globalは世界各地の拠点で日量15万バレルの合成燃料を製造する予定である。

また,同覚書は日本でのCO₂サプライチェーンの確立や,HIF Globalの製造拠点で製造した合成メタノールを合成ガソリンやジェット燃料に変換するための製造拠点を日本で建設する可能性を検討することも含んでいる。(’23 11/29)

Related Posts

ENEOSホールディングス,EV向けバッテリー全自動交換ステーションの実証実験を開始

ENEOSホールディングス,EV向けバッテリー全自動交換ステーションの実証実験を開始

ENEOSホールディングスと,同社出資先である北米のスタートアップ企業Ampleおよび実証実験の筆頭協力先であるエムケイホールディングスは,京都市南区において,日本初となる「EV向けバッテリー全自動交換ステーションの実証実験」の開始に合意し,開所式を行った。

Share This