2023年11月22日

商船三井と出光興産が海洋プラスチックの再資源化に向けた実証実験を開始

アーステック

商船三井と出光興産は共同で,海洋プラスチックの再資源化(油化ケミカルリサイクル)に向けた実証実験を開始する。

商船三井グループの日本栄船では,海洋環境保全を目的にタグボートの基地として利用している広島市営桟橋に海洋浮遊ゴミ自動回収装置「Seabin(シービン)」)を設置している。同実証実験では,Seabinを利用して回収した海洋プラスチックを原料として,出光興産の子会社であるケミカルリサイクル・ジャパンが,油化ケミカルリサイクル技術により生成油を生産する。

この一連の取り組みを通じ,出光興産は石油化学製品や燃料油の原料として生成油が利用可能かを確認するとともに,海洋プラスチックの再資源化の実現可能性を検証する。将来的には,海洋プラスチック由来の生成油を原料に,出光興産の石油精製・石油化学装置を活用して「リニューアブル化学品」や「リニューアブル燃料油」の生産を目指す。(’23 11/22)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This