2023年2月1日

ENEOS,全日本バスケットボール選手権大会でENEOSサンフラワーズが10連覇達成

アーステック
共催セミナー

ENEOSサンフラワーズは,第89回皇后杯全日本バスケットボール選手権大会決勝戦において,デンソー アイリスに76対66で勝利し,自身の最多記録を更新する27回目の優勝,大会記録更新となる10連覇を達成した。

決勝戦では,渡嘉敷 選手が先制となるシュートを決めるも,第3クオーターまで一進一退の攻防戦が続き,1点を追う展開で最終クオーターへ入る緊迫した試合となった。勝負の第4クオーターでは,長岡 選手,星 選手の連続3点シュートで一気に点差を広げると,その後もこの試合32得点22リバウンドをマークした渡嘉敷選手を軸に攻め続け,追い上げるデンソーを振り切り勝利を収めた。

今大会のベスト5には,渡嘉敷 来夢 選手(12回目),林 咲希 選手(2回目),星 杏璃 選手(初受賞)が選出され,準決勝・決勝ともに32得点の活躍でチームを牽引した渡嘉敷 来夢 選手は,大会MVP(2回目)も併せて受賞した。(’23 2/1)

Related Posts

キャタピラー,「第6回キャタピラーSTEM賞」一般および学生部門受賞者を発表

キャタピラー,「第6回キャタピラーSTEM賞」一般および学生部門受賞者を発表

キャタピラージャパンは,2018年に関西地域の女性エンジニアの育成・支援をする「キャタピラーSTEM賞」を創設,2019年度に学生部門を設立しているが,第6回目となる2023年度も,日本・世界の持続的な発展に向けた未来志向のアイディア・プロジェクトという観点から,審査委員による厳正なる審査を行い,以下の受賞者が決定した。

「2024 GOOD FACTORY賞」表彰式と受賞記念講演会が開催される

「2024 GOOD FACTORY賞」表彰式と受賞記念講演会が開催される

日本能率協会は,2024年の「GOOD FACTORY賞」9社を決定し,2024年3月7日に東京ミッドタウン(東京都港区)にて表彰式(写真)を行い,同日および翌8日に受賞記念講演会をベルサール六本木グランドコンファレンスセンター(東京都港区)にて開催した。

Share This