2022年8月3日

2022年5月の建設機械出荷金額統計

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

日本建設機械工業会がまとめた2022年5月の建設機械出荷金額統計(補給部品を含む総額)は,前年同月比12.4%増の2,305億円で,19ヵ月連続の増加となった。うち,内需は同1.5%増の665億円で7ヵ月連続の増加,外需は同17.5%増の1,640億円で19ヵ月連続の増加となった。

内需について機種別に見ると,ミニショベルが同11.8%増の63億円,建設用クレーンが同24.7%増の117億円,基礎機械が同33.8%増の27億円,油圧ブレーカ・圧砕機が同12.2%増の16億円,その他建設機械が同6.8%増の49億円,補給部品が同5.5%増の103億円と増加した。

外需について機種別に見ると,トラクタが同24.6%増の186億円,油圧ショベルが同6.5%増の638億円,ミニショベルが同8.3%増の238億円,建設用クレーンが同7.1%増の65億円,道路機械が同39.4%増の27億円,コンクリート機械が同143.6%増加の1億円,基礎機械が同46.7%増加の4億円,油圧ブレーカ・圧砕機が同23.4%増の9億円,その他建設機械が同25.4%増の233億円,補給部品が同58.7%増の240億円と増加した。地域別では,全9地域中,6地域で増加した。(’22 8/3)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This