2022年7月6日

ENEOSとJR東日本,鉄道の脱炭素化に向けたCO₂フリー水素利用拡大の連携協定を締結

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ENEOSと東日本旅客鉄道(以下,JR東日本)は,鉄道の脱炭素化に向けたCO₂フリー水素利用拡大について,共同検討を行うための連携協定を締結したと発表した。

両社は,2030年までの社会実装を目指し,国内初となる水素ハイブリッド電車および同車両向け定置式水素ステーションの開発を連携して進める。同ステーションは,水素ハイブリッド電車をはじめ,多様なFCモビリティ(燃料電池車・FCバス・FCトラック等)や駅周辺施設へCO₂フリー水素を供給する,総合水素ステーションを想定している。

また両社は,首都圏を中心とする鉄道への電力供給の脱炭素化についても共同で取り組む。京浜臨海部のENEOSの拠点から,JR東日本川崎火力発電所へCO₂フリー水素を供給し,同発電所で水素混焼発電を行うことを検討する。これにより,2030年代早期における,鉄道への水素混焼発電による電力供給の実現を目指す。(’22 7/6)

Related Posts

Share This