2022年7月6日

「メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2022」,7/20~22に東京ビッグサイトで開催

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

2022年7月20日(水)~22日(金)の3日間,東京ビッグサイト東展示棟(東京都江東区)で,「メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2022」(主催:日本能率協会)が開催される。

同展は,製造業・建設業の生産性向上,持続可能な社会資本整備,レジリエンス向上を目指した専門展示会と特別企画で構成され,生産設備から社会インフラ,各種災害対策まで「メンテナンス」「レジリエンス」に関する最新の製品・技術・サービスが紹介される。同時開催の「猛暑対策展」「労働安全衛生展」「騒音・振動対策展」「TECHNOFRONTIER2022」「INDUSTRY-FRONTIER2022」を合わせ約500社/1,000ブースの出展規模で3万人の来場を見込んでいる。

展示会は「プラントメンテナンスショー」「インフラ検査・維持管理展」「建設資材展」「事前防災・減災対策推進展」「i-Construction推進展」「無電柱化推進展」「再資源化・産業廃棄物処理・解体技術展」「建設ロボット展」「地盤改良展」「交通インフラ設備機器展」「国際ドローン展」の11の専門展示会と「土木・建設業向けAI / IoT / 5G / システム / ツール特集」「BIM / CIM推進ツール特集」の2つの特別企画で構成される。

プラントメンテナンスショーは,工場設備の維持管理・保全技術を対象にした国内唯一の専門展示会。多くのプラントで全面的リニューアルの遅れ,老朽化のほか,保守・保全管理の実務を担ってきたベテラン従業員が引退の時期を迎えている現在,産業事故件数は減少傾向にあるものの重大事故は引き続き発生している。こうした課題に対応するためIoT,ビッグデータ,AIの活用で人を補完しながら安全性を維持,向上していく「スマート保安」を実用化していくことが求められている。このような背景のもと,予防保全・設備管理,モニタリング・診断,メンテナンスサービス,補修・補強材料,保全要因の支援・育成,保全業務の支援システム,省エネルギー・環境対策,工場のセキュリティ,工場内の通信ネットワーク関連など,工場・プラント現場の課題解決に資する製品・技術・サービスが一堂に展示される。

また,会期中,多数の講演が開催される。メンテナンス特別講演会では,7月20日(水)に潤滑通信社企画協力による下記3講演のほか,会期中に計15講演が開催される。講演会には聴講事前登録が必要。

●メンテナンス特別講演会【企画協力:潤滑通信社】
 ○7月20日(水) 11:50~12:30
 「設備診断分野へのデジタル技術の活用事例紹介」 宮崎 修治 氏(三菱ケミカル 福岡事業所 設備技術部 先進技術グループ・チームリーダー)
 ○7月20日(水) 13:30~14:10
 「寿命予測を実現するためのOpen Monitoring構想」 江本 二郎 氏(ロート製薬 生産技術部 データインフラ開発グループ)
 ○7月20日(水) 14:40~15:20
 「mPAOとCTL潤滑油による環境保護とメンテナンス低減」 里永 憲昭 氏(崇城大学 工学部 機械工学科 学科長 教授)

その他の講演の詳細や,事前聴講登録は以下URLより。
https://www.jma-onlineservice.com/7all/jp_mente/registration_seminar.php

●メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2022開催概要
 ○会期:2022年7月20日(水)~22日(金) 10:00~17:00
 ○会場:東京ビッグサイト 東展示棟(東京都江東区)
 ○入場:来場事前登録制(登録無料・公式サイトにて受付)
  ※講演会,セミナーは事前登録制
 ○構成展示会:
 第47回プラントメンテナンスショー https://www.jma.or.jp/mente/tokyo2022/outline/plant.html
 第15回インフラ検査・維持管理展 https://www.jma.or.jp/mente/tokyo2022/outline/infra.html
 第8回建設資材展 https://www.jma.or.jp/mente/tokyo2022/outline/construction.html
 第10回事前防災・減災対策推進展 https://www.jma.or.jp/mente/tokyo2022/outline/disaster.html
 第7回i-Construction推進展 https://www.jma.or.jp/mente/tokyo2022/outline/ict.html
 第9回無電柱化推進展 https://www.jma.or.jp/mente/tokyo2022/outline/no-denchu.html
 第5回再資源化・産業廃棄物処理・解体技術展 https://www.jma.or.jp/mente/tokyo2022/outline/recycling.html
 第1回建設ロボット展【NEW】 https://www.jma.or.jp/mente/tokyo2022/outline/robot.html
 第3回地盤改良展 https://www.jma.or.jp/mente/tokyo2022/outline/ground.html
 第1回交通インフラ設備機器展【NEW】 https://www.jma.or.jp/mente/tokyo2022/outline/traffic.html
 第8回国際ドローン展 https://www.jma.or.jp/mente/tokyo2022/outline/drone.html
 <特別企画>「土木・建設業向けAI / IoT / 5G / システム / ツール特集」 https://www.jma.or.jp/mente/tokyo2022/outline/sitesupport.html
 <特別企画>「BIM / CIM推進ツール特集」 https://www.jma.or.jp/mente/tokyo2022/outline/bim.html

●来場に関する問い合わせ先
日本能率協会展示会ヘルプデスク(ケイ・スリー・クリエーション)
 受付時間 9:30~18:00(土・日・祝日を除く)
 TEL:03-6809-2707
 E-mail:helpdesk@k3c.co.jp

●メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2022公式サイト
https://www.jma.or.jp/mente/tokyo2022/
●メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2022 ONLINE(2022/6/27~8/31)
https://www.jma-onlineservice.com/7all/jp_mente/top.php  (’22 7/6)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This