2022年7月13日

2022年4月の機械受注統計

アーステック

内閣府が発表した2022年4月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比10.8%増の9,630億円だった。うち,製造業が同10.3%増の5,014億円,非製造業が同8.9%増の4,688億円。官公需は同6.6%減の3,349億円,外需は同52.1%増の1兆6,555億円で,機械受注総額は同33.6%増の3兆3,661億円だった。(’22 7/13)

Related Posts

「2024年ものづくりワールド(東京)」開催される

「2024年ものづくりワールド(東京)」開催される

機械部品,DX,3Dプリンタ,省エネ製品をはじめ,開発・製造期間の短縮やDX・IT化の推進,業務を自動化・効率化する製品・サービスなどが出展する日本最大級のものづくり専門展示会「ものづくりワールド(東京)」(主催:RX Japan)が2024年6月21日(水)~23日(金)の3日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された。

Share This