2022年2月22日

NTN,2021年度新エネ大賞 新エネルギー財団会長賞を受賞

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

NTNが開発した風力発電装置主軸用「DLCコーティング自動調心ころ軸受」が,新エネルギー財団が主催する2021年度「新エネ大賞」において,「新エネルギー財団会長賞」を受賞した。

受賞商品は軸受のころの転動面にDLC(ダイヤモンドライクカーボン)コーティングを適用することで,耐摩耗性を大幅に向上させた商品。DLC膜は3層構造となっており,風力発電装置の主軸用軸受のような油膜形成が困難な厳しい潤滑条件下でも,密着力の高いDLC膜が継続的に高い性能を発揮し,摩耗の発生を防ぐことで風力発電装置の安定稼働に貢献する。また,同商品に適用しているDLCコーティング技術は,風力発電装置のコンパクト化を目的に2017年に同社が開発した「左右列非対称設計」と組み合わせることも可能となっている。

これらの開発における独創性や,今後継続的に増加する風力発電装置の普及に貢献することなどが評価され,今回の受賞となった。(’22 2/22)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This