2022年2月22日

ジェイテクト,軸受再使用技術を確立

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ジェイテクトは,建設機械・農業機械車両のライフサイクルコストにつながるリマニュファクチャリングへの取り組みを進め,同社が持つ寿命予測技術や軸受再組付けが可能となる保持器の開発など,軸受再使用技術を確立した。

軸受は,様々な使用条件・使用箇所にて使用されており,現状,比較的寿命に余裕がある場合でも軸受は点検時に全数廃却されているが,あるべき姿としては寿命に余裕がある軸受については再使用することであり,顧客のライフサイクルコストを低減することとなる。軸受メーカーは,軸受再使用フローの確立が求められており,同社が持つ技術を元に検討を進めた。

同社は,顧客での軸受の再使用可否の判断が困難なことに対し,疲労度解析技術による軸受余寿命の定量化や再使用判断基準の確立を行った。また,金属製保持器では現地での再組付が困難なため,軸受再使用工法の確立が可能となる保持器の開発を行った。その結果,軸受交換フローを確立した。新技術では,返却されたコンポーネントから部品を取り外した後,軸受の再使用が可能か判定する。再使用可能な場合には,軸受を再組立,再使用不能な場合には新品軸受に交換し,再生したコンポーネントを使用する。

新技術により,軸受のライフサイクルコストの低減,廃棄物排出の抑制などが期待できる。(’22 2/22)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This