2022年1月26日

出光興産,木質バイオマス材利活用及び森林整備等に関する連携協定を締結

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

山口県周南市と,出光興産,東ソー,トクヤマ,及び丸紅は,木質バイオマス材利活用及び森林整備等に関する連携協定書をそれぞれ締結した。

同協定は,2021年1月に設置された「周南市木質バイオマス材利活用推進協議会」を契機として,周南市と,出光興産,東ソー,トクヤマ,丸紅が,周南市における木質バイオマス材の利活用及び森林整備等の推進を図ることを目的とするものである。連携事項は,(1)木質バイオマス材の利活用及び地産地消,(2)森林の整備及び有効活用,(3)その他,木質バイオマス材の利活用及び森林整備等の推進を図るために必要と認める事項の3点となる。

今後,同協定に基づき,市有林を活用した木質バイオマス材生産及び森林整備等の共同実証事業の実施に向けて,検討を進めていく。(’22 1/26)

Related Posts

出光興産,2021年度決算および2022年度業績見通しを発表

出光興産は2022年5月10日(火),2021年度の決算を発表し,売上高は6兆6,868億円(前年度比2兆1,301億円増),営業利益(持分法投資損益含む)は4,495億円(同3,492億円増),経常利益は4,593億円(同3,509億円増),当期純利益は2,795億円(同2,446億円増)となり,在庫影響やタイムラグなどにより過去最高益となった。

Share This