2022年1月12日

2021年10月の潤滑油販売実績

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
ハーティング

経済産業省が発表した2021年10月の潤滑油販売量は,前年同月比1.5%増の19万7,921kLだった。用途別に見ると,車両用が同6.5%減の6万6,774kL,うちガソリンエンジン油が同7.0%減の3万357kL,ディーゼルエンジン油が同9.0%増の1万9,837kL,ギア油やATF(自動変速機専用オイル),LPG車用エンジン油などその他車両用は同19.3%減の1万6,580kLだった。船舶用エンジン油は同9.8%減の9,507kL。工業用は同7.6%増の12万1,640kL,うち機械油が同11.7%増の2万8,072kL,金属加工油が同9.3%減の1万1,190kL,電気絶縁油が同4.3%減の5,134kL,シリンダー油や離型油などその他特定用途向けが同9.5%減の4万5,586kL,マシン油やスピンドル油などその他の潤滑油が同59.9%増の3万1,658kLだった。(’22 1/12)

アントンパール・ジャパン
ASTEC 2022

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第101回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2022年2月25日(金),御茶ノ水トライエッジカンファレンス(リアル,東京都千代田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第101回研究会「砥石と工作物の弾性波がいざなう研削の世界~AEを用いた砥石評価と研削の効率化~」を開催する。

Share This