2022年1月6日

アマノ,Preferred Roboticsに出資し,業務用清掃ロボットを共同開発

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

アマノは,Preferred Networksが2021年11月1日に会社分割により設立した株式会社Preferred Robotics(以下,PFRobotics)の第三者割当増資を引き受けたことを発表した。今後,PFRobotics社を業務用清掃ロボットの開発パートナーとして,基礎技術の開発や設計・製造の協業により,クリーンシステム事業の更なる拡大を図っていく。

アマノは,これまで業務用清掃ロボットを自社で開発・製造・販売してきたが,今後ロボット化,IT化が一層進展していく中,クリーンシステム事業が将来の成長ドライバーとして同社の企業価値向上に大きく貢献すると考えている。その意味でロボット技術に先進の知見を有するPFRobotics社は同社にとって最高のパートナーと考え,今回の出資決定となった。

業務用清掃ロボット市場が清掃作業人員の高齢化や人手不足を背景に需要が拡大しているなか,今後は,AIを活用したロバスト性の高いSLAM技術を採用し,自律移動性能を高めた次世代型業務用清掃ロボットをPFRobotics社と共同で開発して,両社で年間1,000台以上の販売を目指す。(’22 1/6)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This