2022年1月6日

エボニック,製造プロセスのイノベーションにより,フュームドシリカの易分散性を実現

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

エボニックインダストリーズのコーティングアディティブス・ビジネスラインは,易分散性に優れたAEROSIL®(アエロジル®)シリーズの新しいフュームドシリカ製品を開発した。新たに開発されたAEROSIL® E 805,AEROSIL® E 812,AEROSIL® E 972,AEROSIL® E 9200からなる製品群は,塗料やコーティング剤に混練製造する際に,ビーズミルなどの時間と経費の掛かる分散工程を省略することが可能となった。

新製品群は,顔料着色系およびクリヤーコーティング剤の配合におけるレオロジー制御に適しており,主な用途は,木工,プラスチック,自動車,一般工業用コーティング剤となる。AEROSIL® E 972は汎用性が高いのに対し,他の3つのシリカは特定の用途を目的とする。例えば,AEROSIL® E 812とAEROSIL® E 805は自動車OEM塗料向けのクリアコートに適しており,AEROSIL® E 9200は主に特殊な耐傷つき性の向上に使用される。

同社はドイツ・ラインフェルデンにフュームドシリカの新しい生産工場の建設を開始,生産能力を大幅に増強する。(’22 1/6)

Related Posts

出光興産,2021年度決算および2022年度業績見通しを発表

出光興産は2022年5月10日(火),2021年度の決算を発表し,売上高は6兆6,868億円(前年度比2兆1,301億円増),営業利益(持分法投資損益含む)は4,495億円(同3,492億円増),経常利益は4,593億円(同3,509億円増),当期純利益は2,795億円(同2,446億円増)となり,在庫影響やタイムラグなどにより過去最高益となった。

Share This