2022年1月6日

「2021年度(令和3年度)省エネ大賞」受賞者発表される

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

省エネルギーセンター(会長:藤 洋作 氏)は,2021年12月22日(水),「2021年度(令和3年度)省エネ大賞」の受賞者を発表した。

同センターでは,国内の企業・自治体・教育機関等に対して優れた省エネ推進の事例や省エネ性に優れた製品並びにビジネスモデルを,「省エネ大賞」として毎年表彰している。

今年度は,「ZEB・ZEH分野」「省エネコミュニケーション分野」が新設され,コロナ禍にもかかわらず例年を超える120件以上の応募があり,学識経験者やエネルギーの専門家等からなる審査委員会の厳正な審査の結果,省エネ事例部門では,トヨタ自動車 高岡工場による「新たな着眼による製造,生技,原動力(インフラ)協業での省エネ活動」,一条工務店による「ネット・ゼロを大きく上回るZEHの大量供給への取り組み」,トヨタ自動車北海道による「トランスミッション工場における低CO₂生産技術の推進とIoT活用による省エネ活動」,中部電力ミライズ/ヤマト/豊産業による「アルミ鋳造工程における新型電気ヒータ開発による省エネルギーへの取り組み」など計32件が受賞した。また,製品・ビジネスモデル部門では,日立ジョンソンコントロールズ空調による「サイドフロー型ビル用マルチ『フレックスマルチminiモジュール』」,テイエルブイによる「iBPSSM.net 無線モニタリングを活用した蒸気使用設備の管理業務革新」,東芝キヤリアによる「空冷ヒートポンプ式熱源機『EDGE32シリーズ』」,トヨタ自動車/デンソーによる「第2世代トヨタフューエルセルシステムを搭載したFCEV『MIRAI』」など28件が受賞した。

なお,受賞者については,2022年1月26日(水)~28日(金)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される,同センター主催展示会「ENEX 2022 第46回地球環境とエネルギーの調和展」にて表彰式と受賞事例発表会を行うほか,ENEX 2022会場内のアワードコーナーにて受賞内容の展示が行われる。

同賞の全受賞者一覧は以下URLより。

「2021年度(令和3年度)省エネ大賞」受賞者一覧
https://www.eccj.or.jp/bigaward/winner21/pdf/e-winner.pdf  (’22 1/6)

Related Posts

ENEOSほか5社,電動二輪車用共通仕様バッテリーのシェアリングサービスを提供する会社を設立

ENEOSほか5社,電動二輪車用共通仕様バッテリーのシェアリングサービスを提供する会社を設立

ENEOSホールディングス,本田技研工業(以下,Honda),カワサキモータース,スズキ,ヤマハ発動機の5社は,電動二輪車の共通仕様バッテリーのシェアリングサービス提供と,シェアリングサービスのためのインフラ整備を目的とする「株式会社Gachaco(ガチャコ)」を設立した。

Share This