2022年1月6日

出光興産,同社グループ初のカーボンニュートラル海上輸送を実施

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

出光興産は,原油の海上輸送中の燃料消費に伴うCO₂排出量削減を目的に,グループ初の試みとしてカーボンクレジットを活用した日本中東間の原油海上輸送を行った。

低炭素化・脱炭素化に取り組む顧客ニーズに応えるための先行事例として行った今回の取り組みでは,100%出資子会社である出光タンカー所有の大型原油タンカー「日章丸」(載貨重量:300,544MT)の日本中東間往復の海上輸送に,カーボンクレジットの環境価値を活用することで,理論上同区間航海1回分に相当する約1万トンのCO₂排出量の相殺(オフセット)を実現した。同社と出光タンカーは今後も,カーボンクレジットを活用したオフセットを含め,さまざまな手法を用いてカーボンニュートラルに貢献する海上輸送サービスを提供していく。(’22 1/6)

Related Posts

ENEOSほか5社,電動二輪車用共通仕様バッテリーのシェアリングサービスを提供する会社を設立

ENEOSほか5社,電動二輪車用共通仕様バッテリーのシェアリングサービスを提供する会社を設立

ENEOSホールディングス,本田技研工業(以下,Honda),カワサキモータース,スズキ,ヤマハ発動機の5社は,電動二輪車の共通仕様バッテリーのシェアリングサービス提供と,シェアリングサービスのためのインフラ整備を目的とする「株式会社Gachaco(ガチャコ)」を設立した。

Share This