2022年1月6日

脱炭素・エネルギー総合展「ENEX 2022」,1/26~28 東京ビッグサイトで開催

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

2022年1月26日(水)~28日(金)の3日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)で「ENEX 2022 第46回地球環境とエネルギーの調和展」(主催:省エネルギーセンター)が開催される。

同展は,脱炭素・エネルギーに関する総合展。今回は,“省エネ,再エネ,エネマネで実現するカーボンニュートラル”をテーマに,脱炭素経営,エネルギーの課題解決につながる技術・製品が一堂に展示される。

ENEX 2022主催者セミナーでは,「省エネ・エネマネで目指すカーボンニュートラル」をコンセプトに掲げ,前半は,日産自動車が「日産自動車の生産領域でのカーボンニュートラルに向けた取り組み」,東京建物が「2050年カーボンニュートラル宣言を受けての当社の取組~超高層複合建築物のZEB化・物流施設のZEB化と再生可能エネルギーの有効活用~」のテーマでそれぞれ講演。後半は,水素電解技術について千代田化工建設,グリーンアンモニアの製造技術開発および実証事業について日揮ホールディングス,メタネーションについて日本ガス協会がそれぞれ講演する予定。

アカデミックコーナーでは,熱エネルギー,次世代型電力供給システム,太陽光発電,風力発電,バイオ燃料電池など,15の大学研究室等が最新の研究成果を発表する。

アワードコーナーでは,2020・2021年度省エネ大賞受賞者の製品や事例展示を実施。また,1月26日(水)13:30より会議棟にて,「2021年度(令和3年度)省エネ大賞受賞事例発表会」が開催され,他社の模範となる優れた省エネの取り組みや,省エネルギー性に優れた製品およびビジネスモデルの表彰,受賞事例の発表が行われる。

なお,同展はリアル展示とオンラインのハイブリッドで開催される。また,同時開催展として,「RENEWABLE ENERGY 2022 第16回再生可能エネルギー世界展示会&フォーラム」(主催:再生可能エネルギー協議会),「DER/Microgrid Japan 2022」(主催:JTBコミュニケーションデザイン)ほか全13展が開催される。同展の開催概要は以下のとおり。

 

ENEX 2022 開催概要

  • 名称:ENEX2022 第46回地球環境とエネルギーの調和展(Energy and Environment Exhibition)
  • 主催:省エネルギーセンター
  • 会期:
    <リアル展示>2022年1月26日(水)~28日(金)
    <オンライン展示>2021年11月26日(金)~2022年2月28日(月)
  • 会場(開催形態):東京ビッグサイト 東4ホール&会議棟,オンライン
  • 開催規模:
    <出展小間数>200社/330小間
    <来場参加者数>40,000名 ※同時開催展/オンライン参加含む。うち,東京ビッグサイト来場者30,000名
  • 入場料:無料(完全来場登録制)
  • 公式WEBサイト:https://www.low-cf.jp/east/

<同時開催展>

Related Posts

天田財団,技能検定受検手数料の助成対象職種に金属プレス加工を追加

天田財団,技能検定受検手数料の助成対象職種に金属プレス加工を追加

天田財団は2019年度より,従来の「金属等の加工業に係る研究への助成による学術及び科学技術の振興」に「金属等の加工業に従事される方の人材育成と技能向上に有益な資格の取得に対する助成による勤労意欲のある方への就労の支援」を同財団の公益目的事業に加えた。

Share This