2021年11月17日

NTN,2021年“超”モノづくり部品大賞で「日本力(にっぽんぶらんど)賞」を受賞

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
ハーティング

NTNは,モノづくり日本会議と日刊工業新聞社が主催する「2021年“超”モノづくり部品大賞」において,「日本力(にっぽんぶらんど)賞」を受賞した。

受賞商品は,EV・HEV用高速深溝玉軸受(モータ減速機用超高速対応)。同商品はEVやHEVに搭載されるモータの高速回転に対応する自動車用深溝玉軸受。保持器の材料を見直すことで強度を高めるとともに,主に保持器と転動体が直接触れるポケット部の形状を工夫することで遠心力による変形を最小化し,高速回転対応を実現した。従来品と同一寸法のため,置き換えが可能で,グリース潤滑・オイル潤滑の両方の環境下で使用することができる。

自動車の電動化に伴い,モータの小型化・高速化が進む中,使用条件によってはdmn値180万の高速回転にも対応が可能な同商品は,EVやHEVなどの普及に貢献する。こうした脱炭素社会の実現に貢献する技術開発において,深溝玉軸受の性能向上を目指し,詳細な改良計画を立て,実証に取り組んだことや設計者の創造性などが評価され,今回の受賞となった。(’21 11/17)

アントンパール・ジャパン
ASTEC 2022

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第101回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2022年2月25日(金),御茶ノ水トライエッジカンファレンス(リアル,東京都千代田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第101回研究会「砥石と工作物の弾性波がいざなう研削の世界~AEを用いた砥石評価と研削の効率化~」を開催する。

Share This