2021年11月10日

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第100回記念式典を開催

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2005年の設置以来、16年にわたり活発な委員会活動を展開,2021年12月開催で100回目を迎える。そこで同委員会は,「SF委員会100回記念式典~次世代固定砥粒加工プロセス関連技術の将来展望~」と題して記念式典をオンラインで実施する。同式典の概要や問い合わせ先などは以下のとおり。

  • 日時:2021年12月9日(木) 13:00~17:00
  • 会場:Webexにてオンライン研究会。PCは原則2台/社まで接続可能
  • 参加費:
     次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会 会員 無料
     非会員 15,000円(2名/社まで参加可)
  • 申込締切:2021年11月30日(火) 17:00
  • プログラム
    • 100回記念談話 顧問 安永 暢男 氏
    • 学術記念講演「次世代砥粒加工プロセス関連技術の将来展望」
       講演1「パワー半導体用SiCウェハ技術のこれまでの開発とこれからの期待」 加藤 智久 氏(産業技術総合研究所)
       講演2「研削加工プロセスの将来展望」 太田 稔 氏(京都工芸繊維大学 名誉教授)
       講演3「研磨加工プロセスの将来展望」 宇根 篤暢 氏(防衛大学校 名誉教授)
       講演4「研削盤を中心とした工作機械の将来展望」 向井 良平 氏(三井精機工業)
  • 問い合わせ・申し込み先:
     砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会事務局 田附 宙美 氏
     FAX 048-829-7046  E-mail sf-office@mech.saitama-u.ac.jp
     URL https://www.jsat.or.jp/node/1265
     申し込み用紙は下記より
     http://spe.mech.saitama-u.ac.jp/mysite5/application2021Web.pdf  (’21 11/10)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This