2021年11月17日

ランクセス,難燃性を備える2つの軽量化素材を提供

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ドイツの特殊化学品メーカー,ランクセスは,ハロゲンフリーの難燃性ガラス繊維強化ポリアミド6コンパウンドに,「デュレタン® (Durethan® ) BKV30FN01」および 「デュレタン® (Durethan® ) BKV30FN04 DUS064」を追加したことを発表した。両製品は耐火性に優れた要件を持つ厚肉コンポーネント用に設計されており,電動工具,家電製品,産業機器などに利用できる。

両製品は,肉厚が0.75~1.5mm以上のコンポーネント用に設計されており,コンパウンドの厚さは,0.75mm(デュレタン BKV30FN01)と1.5mm(デュレタン BKV30FN04 DUS064)となる。

同社は「デュレタン BKV FN」のラインナップを拡充し,厚肉コンポーネント用製品のバリエーションをさらに増やすことを計画している。(’21 11/17)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This