2021年11月17日

11/24~26「メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2021」,状態監視技術に関する講演会を連日開催

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
ハーティング

2021年11月24日(水)~26日(金)の3日間,東京ビッグサイト 青海展示棟(東京都江東区)で開催される「メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2021」にて,「メンテナンス・レジリエンス特別講演会」(定員150名,参加費無料)が開催される。

同講演会では,状態監視技術を中心に,設備診断や潤滑油分析に関する講演を連日開催。11月24日(水)14:40~15:20に「状態監視・診断ソフトウエアACOUS NAVIによるメンテナンス活動への貢献」(日本精工 阿知波 博也 氏),25日(木)14:40~15:20に「ICT技術を活用した建設機械の状態監視と診断システムについて」(日立建機 桑山 長典 氏),26日(金)14:40~15:20に「潤滑剤分析による機械システムの状態監視と診断および関連ISO規格の現状について」(日鉄物流 四阿 佳昭 氏)の講演が予定されているほか,プラント設備保全,IoT / AIを活用したスマート保全などに関する講演も多数予定されている。

同講演会の詳細や予約方法(来場登録の方法),同展の開催概要については以下のとおり。

「メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2021」開催概要

アントンパール・ジャパン
ASTEC 2022

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第101回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2022年2月25日(金),御茶ノ水トライエッジカンファレンス(リアル,東京都千代田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第101回研究会「砥石と工作物の弾性波がいざなう研削の世界~AEを用いた砥石評価と研削の効率化~」を開催する。

Share This