2021年9月1日

イグス,食品機械で検出可能な3Dプリンタ用フィラメント「イグリデュール I151」を開発

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

イグスは,加工しやすい汎用3Dプリンタ用フィラメント「イグリデュール I150」の改良品として,摩擦係数および耐摩耗性に優れたフィラメント「イグリデュール I151」を開発した。

同社が2017年から販売している汎用性の高い3Dプリンタ用フィラメント「イグリデュール I150」は,特殊な部品をFDM方式で迅速かつ優れたコスト効率で製造することができる。今回,主に食品業界から,イグリデュール I150と同等の特性を持ち,青色でFDAに準拠したフィラメントの要望を受け,3Dプリンタ用フィラメント「イグリデュール I151」を開発した。天然素材の食品には青色がないため,目視でも発見しやすい青色パーツを使用することで,万一の混入に備えることができる。

新製品は,ノズル温度を250℃に設定できる3Dプリンタで使用可能。耐摩耗性に優れた部品のプリントに適しており,固体潤滑剤が含まれているため,追加の潤滑剤は必要なく汚染の心配がない。プリント部品はFDAおよびEU 10/2011の要件に準拠しており,食品・包装業界および化粧品業界での使用に適する。(’21 9/1)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This