2021年9月1日

ジェイテクト,下水処理場用送風機向け磁気軸受製品の開発を発表

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ジェイテクトは,グループ会社である光洋マグネティックベアリングの磁気軸受製品が下水処理場の曝気用ブロワ(送風機)に採用されたと発表した。

磁気軸受とは,電磁石の力を制御し,回転体を非接触で空中に支持する軸受。摩擦ゼロのため,ころがり軸受では対応困難な超高速回転=高出力化に対応可能となる。また,非接触であるため潤滑油が不要で,軸受が摩耗しないため定期な交換は不要となり,メンテナンスフリーを実現した。さらに,磁気軸受はセンサーで回転体の位置を把握し,電子制御により回転体を中心に支持しているため,回転体の状態をリアルタイムで把握することが可能となっている。

生活・生産によって生じた汚水は,下水処理場で汚れを分解する微生物の働きを利用してきれいにされるが,微生物は空気がないと生きられないため,汚水には絶えることなく空気を送り込む必要があり,空気を送り込む曝気用ブロワには更なる長時間連続運転が求められている。特に,多人口の国では大量の汚水をきれいにする必要があるため,更なる高出力化も求められている。同製品は,曝気用ブロワの連続運転時間延長と高出力化に貢献する。(’21 9/1)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This