2021年8月4日

NTN,二輪車スイングアーム用ポリルーブ針状ころ軸受の量産を拡大

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

NTNは,二輪車のスイングアーム用ポリルーブ針状ころ軸受の量産を拡大することを発表した。潤滑剤「ポリルーブ」の適用によるメンテナンスフリーの実現や,組み付け時の取り扱い性に加え,二輪車の設計の多様化に対応する耐高温性などが評価され,欧米メーカを中心に採用が拡大している。

同軸受は,同社が独自に開発した固形潤滑剤「ポリルーブ」を用いた商品。同潤滑剤は,強い振動や遠心力,水分などが伴う環境でも軸受から漏れにくく,長期にわたって優れた潤滑性能を発揮するため,グリースの給脂および給脂穴の設置が不要となる。また,ころを保持する機能も持つため,組み付け時にころが外れる心配がない。組み付け時のグリース塗布も必要なく,組み付け時の取り扱いが容易となっている。(’21 8/4)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This