2021年8月4日

ジェイテクト,電気自動車モータ用高速回転グリース潤滑玉軸受の高速化を実現

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ジェイテクトは,電気自動車(EV車)の駆動ユニットのモータ用として使用されるグリース潤滑玉軸受において,世界トップクラスとなるdmn185万以上の高速回転を実現した。これにより同社は,モータの小型・高出力化による高速回転化に対応し,電費の向上と航続距離の延長に貢献していく。

近年急速な勢いで普及しているEV車は,環境への負荷が低く,今後益々厳しさを増す燃費規制をクリアする技術として注目されており,電力の高効率化や信頼性の向上のため,更なる技術の開発が求められている。中でも,自動車の燃費・電費の向上に直結するモータの小型・高出力化が進んでおり,モータを支持する軸受には更なる高速回転性能が要求されている。そのため,高速回転下でも破損や焼付きが発生しない軸受の開発が課題となっている。(’21 8/4)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This